2009年09月10日

勝間さんの記事に呆れた昼のひと時→動画サイトが本気で生き残るには

まずはこの記事を読んでもらいたい。

動画サイトが本気で生き残るには(IT+PLUS)

この記事を見て様々な違和感を感じた。
と言うよりは無茶を仰るというのが本音だったりします。

まず、理解できる点から見てみると、確かに収益を得るためには広告モデルでは難しく、物販を行うことで収益に繋げるという点は理解できる。
しかし、勝間氏は、どのような動画が再生数が多く、どのような動画にニーズがあるのかがわかっていない様に思える。

と言うのが、動画サイトもテレビショッピングにすればいいじゃないか、そして売るべき商品はコンプレックス商品であると認識しているところがおかしい。

この理論はまさしくサイトを作っていて、そのサイトを運営している人間側の理屈だと。ニコニコ動画を中心に語るようではあるが、ニコニコ動画で売れている商品の分析を行っていたらこのような話にはならず、単に利益率が高い商品を売れる仕組みを作れば儲かるみたいな、一昔前のアクセス数が多いところに利益率の高い商品を広告することで儲かる理屈を並べているだけに過ぎない。

まぁ、はっきり言えばユーザーをバカにしているようにも見える。
勝間氏が述べるような商品が立ち並んだ場合、アクセス自体が減少する可能性について考えていない全く持って浅はかな発言にはあきれ返るばかりである。これが、今一番売れている経済評論家だと思うとゾッとする。

私自身、確かに物販に繋げることが黒字化の方法であることに異論はない。しかしそれはニコニコ動画(ニワンゴ)側も既に実施しているわけである。
例えば着ウタフルで動画で人気のあった曲を販売するとか、CD化、そして人気キャラクターのフィギュア化と浅はかに利益率の高い商品をでっち上げてそれを適当に販売するのではなく、ユーザーが必要としているものを販売しようとしている姿勢を持っているのを理解していないのが残念でならない。

それよりもさりげない販売を層を重ねていくことが、信頼性を維持しつつもユーザー自身からも支持が得られるものである。
着うたを販売しても、CDを出しても叩かれないし、ユーザーも喜んで購入する(要らない人は買わなきゃいいんだから)。
しかし、これがいきなりお金持ちになりたい商材ばかり販売したらどうなるか。恐らくDMMちゃんねる開始時と同じようなことが起こる(ユーザー総叩き)。
そのようなマイナスイメージがつきまとうのを理解してもらいたい。

ニコニコ動画の収益モデルの理想として私自身考えているのは、費用をユーザーからのサービス利用料+広告で賄い、利益は物販及びサービスの販売による収益で得るというものである。

そのためには、サービス利用料についてはもう少しサービスを向上し、より課金のしやすい仕組みの提供(例えば、公式チャンネルみたいなのを個人が作れるとか、有料動画を個人が提供できるとか)、そしてプレミアム会員より上の機能を付けてさらに多くの課金ができるようにする等を行うことでサービス利用料の拡大を目指すべきであるし、物販についてもアマゾン依存ではなく、直販の商品を拡大していくのがベターではあると考えられる。

確実に利益が得る方法については、現在ニワンゴも必死になっているであろうし、それに向かって動いている部分もあるというのは見受けられる場所も多々存在する(失敗していることも多いが)。

そのため、少なくともエコノミストとして多数の出版をしている勝間氏がそこら辺の井戸端会議のオバチャンレベルで多くの人の眼に留まるような場所にこのような駄文を書き綴るのはいかがなものかと。

最近、ついったーの記事を含めあきれ返るような記事が多い勝間氏にいい加減頭にきたので書き綴ってしまいました。
昔はもうちょいまともなこと書いていたのにね。


500円でわかるネット動画―YouTube・ニコニコ動画活用ガイド (Gakken Computer Mook)

500円でわかるネット動画―YouTube・ニコニコ動画活用ガイド (Gakken Computer Mook)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 大型本





ニコニコ動画せれくちょん~才能の無駄遣い~

ニコニコ動画せれくちょん~才能の無駄遣い~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
  • 発売日: 2009/07/01
  • メディア: CD



posted by アルジャーノン at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。