2009年07月16日

駆け込み寺が無くなるとどうなるのか?−監査法人ウィングパートナーズ業務停止−

以前の放送でも何度かお話していた監査法人ウィングパートナーズが業務停止処分1ヶ月(平成21年7月15日〜平成21年8月14日まで)が下され、代表社員である赤坂満秋氏、吉野直樹氏がそれぞれ1年6ヶ月、1年3ヶ月の業務停止処分が下されました。また、所属している公認会計士である森下賢二氏も業務停止3ヶ月の処分が下されました。

監査法人及び公認会計士の処分等について(金融庁)

監査法人ウィングパートナーズ(wikipedia)

詳細については、上記URLをご参照頂きたいのですが、処分の理由については主にペイントハウス社及びゼンテック・テクノロジー・ジャパンに関する監査に関してとのことです。両社共に外からも判るくらいの問題のある会計を行っていたことからもこの処分は至極納得の行く話だと思います。

ところが、ここで問題となるのが現在監査契約を締結している上場会社14社の監査契約となりますが、早速影響が出ている模様です。

昨日のIRだけでも、サハダイヤモンド、ランド、オープンインタフェース、インスパイアー、総和地所、ゼクスにおいて会計監査人の辞任の発表がなされました。

基本的に同監査法人が監査する会社は、新規上場会社では存在せずいずれにしても別の監査法人と「意見相違」があり、それを主たる理由として監査法人を変えてきた会社ばかりです。
それらのことから、最後の駆け込み寺とまで囁かれる始末でした。
その駆け込み寺が監査契約を解除してきた今、これら14社の監査を引き受けるところがどれだけ出てくるのか気になるところです。

全ての会社に問題がある訳ではありませんが、監査法人ウィングパートナーズの赤坂会計士はダイヤモンドの取材で「問題があっても、ゴーイングコンサーンに注記(継続企業の前提に関する事項の注記)をつければ良いだけの話だ。」と言ったくらいの猛者です(当然、反論記事がなされましたが。)→週刊ダイヤモンドに掲載された記事について(監査法人ウィングパートナーズウェブサイト)

このような監査がなされた企業の監査を再度引き受ける監査法人がどれだけ存在するのか気になるところではあります。
ある種、ウィングパートナーズが存在することによって適正意見の出された監査報告書を受け取ることが出来た企業が存在する訳で、それらの企業のうち何社が別の監査法人で無限定適正意見の付された監査報告書を受け取ることができるのでしょうか。

今後、監査法人ウィングパートナーズの被監査企業の行く末が気になるところではあります。


監査難民 (講談社BIZ)



会計不正―会社の「常識」監査人の「論理」

会計不正―会社の「常識」監査人の「論理」

  • 作者: 浜田 康
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本


posted by アルジャーノン at 10:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ジャレコ再生プロジェクト「WiSZmans World」の採用モンスターけって・・い?

ジャレコの開発者ブログで、かねてから募集されていた「WiZmans World」の敵モンスターが決定されたことが発表されておりました。

「WiZmans World」の敵モンスター募集は募集当初より混乱しておりましたが、無事に決まったようで呆然と眺めていた僕としても正直ホッとしました。

ジャレコさんにも頑張ってもらいたいですからね。

んでどんな魅力のある敵キャラに決まったのかな♪

mako8.jpg

・・・(;´Д`)・・・え?

mako8.jpg

・・・(つд⊂)ゴシゴシ・・・え?

mako8.jpg

・・・ジャレコさんまぁ頑張ってくださいorz
posted by アルジャーノン at 12:08| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんなアホな・・・「プールで妊娠した」→ホテルを提訴

結構ニュースサイトを徘徊している中で、痛いニュースも立派なソースとして活用させて頂いておりますが、その中でビックリニュースがあったので取り上げてみます。

「プールで泳いだ娘が妊娠した!」「プールに浮遊する精子が原因」…母親、プール所有するホテルを提訴へ(痛いニュース)

僕も医学的に明るいわけではありませんので、一概にこれがありえないと言いがたい部分もありますが、そもそも精子とは寿命が短く、また空気や水素に触れてまで生き残ることは無いと言うのを聞いたことがあります。

そのため、このような可能性は非常に薄いというより・・・
こんなものが当たり前にあったら、誰もプールに入らないだろうし、そもそもこのような被害が続発していると思います。

妊娠した事実の責任転嫁をしたいって言っても、ちょっとくらいやり方を考えて欲しいものです。

つか、これ訴えられたホテルが余りにも可哀想すぎる(´;ω;`)
posted by アルジャーノン at 11:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。